Fashion

メゾン マルジェラ「レプリカ フレグランス」から暖炉やドレッシングミラーに着想した2つの香り登場

Image by: Maison Margiela

 「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」のレプリカ(REPLICA)フレグランス・コレクションに2つの新しい香りが加わる。暖炉のそばで過ごすフランス・シャモニーの朝を着想を得た「バイ ザ ファイヤープレイス(By the Fireplace)」とドレッシングミラーの前でメイクアップする女性の優雅なシーンにインスパイアされた「リップスティック オン(Lipstick on)」の2種類。今回の発売で、レプリカ フレグランス・コレクションは全10種となる。

— ADの後に記事が続きます —

 1971年のシャモニーを舞台にした「バイ ザ ファイヤープレイス」は、スモーキーウッドとチェスナッツを配合した暖かみのある香りに調香。一方、「リップスティック オン」は、1952年の米国シカゴが舞台。アイリスとセンシュアルなガルバナムのノートが、甘いバニラバーボンとトンカビーンズと交わる香りにより、センシュアルな深紅のリップスティックと柔らかなライスパウダーのコントラストを表現している。いずれも100ml、税抜12,000円。2015年11月18日からメゾン マルジェラ 伊勢丹新宿店にて先行販売され、11月25日からメゾン マルジェラ 直営店全店舗と、DOVER STREET MARKET GINZAで展開される。

 レプリカ フレグランス・コレクションは、服やアクセサリーの「レプリカ」コレクションに着想を得て2012年に誕生。全て年代や場所から着想され、イメージや印象、感動や潜在意識に働きかける香りに仕上げている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング