ケリング、高級シューズ「セルジオ ロッシ」を投資会社に売却

 ケリング(Kering)が、高級シューズブランド「セルジオ ロッシ(Sergio Rossi)」をヨーロッパの投資会社インベストインダストリアル(Investindustrial)に売却する。全株式の売却額は非公表。

 ケリングは、「グッチ」や「ボッテガ・ヴェネタ」「サンローラン」などのラグジュアリーブランドを傘下に持ち、「セルジオ ロッシ」は、ヨーロッパや中東、アメリカ、東南アジア、そして日本など80店舗以上の直営店とフランチャイズ店舗を展開している。ブランドの長期的な発展のためのパートナーとして、インベストインダストリアルに全株式を売却することで合意したという。

 インベストインダストリアルのシニアパートナーAndrea C. Bonomiは、「ブランドの新しい所有者として我々を選んだケリングとは良好な関係を構築しています。長年にわたってドゥカティなど多数のブランドを成長させてきた成功事例があり、この選択を誇りに思っています」とコメントを発表している。