World News

ドルチェ&ガッバーナがイスラム女性向け「ヒジャブ」コレクション発売

ステファノ・ガッバーナのインスタグラムより

 「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」が、イスラム教徒の女性が頭髪や身体を隠すために用いる「ヒジャブ」のコレクションを発売した。オンラインサイトStyle.com/Arabiaで取り扱っている。

 同コレクションは、布で頭髪を隠す「ヒジャブ」と、目と手足の先以外をすべて黒い布で覆う「アバヤ」の2種類から構成。デザイナーのステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)がインスタグラムで投稿したヴィジュアルにはブランドの2016年春夏コレクションでデザインのモチーフにもなったレモンや花やドットのプリントを用いたヒジャブもラインナップしている。

 トムソン・ロイターの調査によると、2013年にイスラム教徒が服と靴に使った金額は2660億ドル(約31兆5635億円)に上り、2019年には市場規模が4840億ドル(約57兆4072億円)にまで拡大すると言われている。近年では「ディーケイエヌワイ(DKNY)」や「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」がイスラム教徒が断食を行なう「ラマダーン」後の祭の時期に合わせてカプセルコレクションを発表。また「ユニクロ」や「エイチ&エム(H&M)」などのファストファッションブランドも、ムスリム女性に向けたコレクションを発売したり、ヒジャブを着用したモデルをキャンペーン広告に起用するなど各ブランド増加する需要の取り込みを図っている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング