Fashion

クロスカンパニーが社名変更し「ストライプインターナショナル」に

新社名 STRIPE INTERNATIONAL INC.のロゴ

 クロスカンパニーが、3月1日から社名を「株式会社ストライプインターナショナル(STRIPE INTERNATIONAL INC.)」に変更する。今年後半に東証一部上場を控えていることから、石川康晴 代表取締役社長は21年間にわたりアパレル事業で築いてきた過去の成功体験を捨て、新たな創業の年の節目としてグローバルな「ライフスタイル&テクノロジー」カンパニーに生まれ変わるという。

 クロスカンパニーは、前身となるセレクトショップ「CROSS」を1994年6月に岡山市で創業。1999年に主力ブランドとなる「アースミュージック&エコロジー(earth music&ecology)」を立ち上げて以来、海外市場の開拓や「トム ブラウン ニューヨーク(THOM BROWNE. NEW YORK)」の買収、そして欧米進出を視野に入れたグローバルブランド「コエ(KOE)」の立ち上げなど、アパレル事業を中心に年間売上高1100億円を超える企業に成長した。2015年には事業領域をアパレルから「ライフスタイル&テクノロジー」に拡大し、新事業の開拓など新しい領域の事業に挑戦していくことを宣言している。

 新社名の「ストライプ」について石川社長は、「自由と革新」の象徴として「個性を大切にしていきたい」という思いがあったと話す。多くの色が並ぶ国旗のように、全ての従業員が個性を活かしながらいきいきと働く組織風土と、より多様性に富んだグローバルな企業を目指していくという。同日から公式サイトをリニューアルし、また子会社のクロスチャイナは「STRIPE CHINA LIMITED」に、クロス台湾は「STRIPE TAIWAN LIMITED」に社名を変更する。

■ストライプインターナショナル:新公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング