Fashion

移民をテーマに文化的背景を探る、ウィーンの最新ファッションや芸術を紹介する展示会開催

 ウィーンで活躍する9ブランドの2016-17秋年冬コレクションと6名のコンテンポラリー・アーティストの作品を展示する「ウィーン・オン・ザ・ムーブ(VIENNA ON THE MOVE)」が開催される。会期は、「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2016 A/W」期間中の3月17日から3月19日の3日間。入場は無料で、一般も入場できる。

 「移民」をテーマにした今回の展示では、大規模な移民・異文化問題が渦巻くウィーンをホームベースに活動するアーティストの様々な文化的背景を追及する。参加ブランドは、Tanja Bradaricと大前太郎が手がける「ブラダリック・オーマエ(Bradaric Ohmae)」や、「クロエ(Chloé)」で経験を積み、コレクション発表後すぐにセレクトショップ「オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)」で取り扱いがスタートした「ラニ・バゲリア(Rani Bageria)」など、日本初上陸も含め全部で9ブランド。ウィメンズウェアを中心に、バッグなどの小物も展示される。

 展示企画は、ウィーンのセレクトショップ「SIGHT」のオーナーであるヴィヴィエン・さくら・ブランドル-クリングバッハー(Vivien Sakura Brandl-Klingbacher)氏と、 ウィーン美術アカデミーで芸術学を担当するアンドレアス・シュピーグル(Andreas Spiegl)氏が担当。会期中には、アーティストのジュン・ヤン(Jun Yang)とデザイナー大前太郎によるトークセッション「MIGRATION IN ARTS AND FASHION」も行なわれる。

■ウィーン・オン・ザ・ムーブ(VIENNA ON THE MOVE)
会期:3月17日(木)〜3月19日(土)
時間:10:00〜19:00(最終日19日のみ17:00まで)
場所:ライトボックススタジオ青山(東京都港区南青山5-16-7)
入場料:無料

■MIGRATION IN ARTS AND FASHION
日時:3月18日(金)16:00〜17:00
入場料:無料

■参加アーティスト
オビディウ・アントン(Ovidiu Anton)
ユリア・ホーエンワルター(Julia Hohenwarter)
ヨハンナ・カンドル(Johanna Kandl)
リーズル・ポンガー(Lisl Ponger)
カーメン・ストヤノフ(Kamen Stoyanov)
ジュン・ヤン(Jun Yang)

■参加ブランド
アイラ・アイダン(Ajla Ayidan)
ブラダリック・オーマエ(Bradaric Ohmae)
ディーエムエムジェイケイ(DMMJK)
メシット(meshit)
モト・ジャリ(MOTO DJALI)
ネドラ・シャショア(Nedra Chachoua)
ラニ・バゲリア(Rani Bageria)
ロサモサ(Rosa Mosa)
サイトライン(SIGHTLINE)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング