Fashion

小雪が"輝く女性"にスポットライト当てる「ブルガリ アウローラ アワード」イベントに登場

 ブルガリジャパンが、新たな取り組みとなる「ブルガリ アウローラ アワード(BVLGALI AVRORA AWARDS)」発表セレモニーを開催し、女優の小雪とキャスティング・ディレクターで演出家の奈良橋陽子がトークセッションを行った。

ブルガリ アウローラ アワードに登場した小雪 Image by FASHIONSNAP
ブルガリ アウローラ アワードに登場した小雪
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

 3月8日は国連により定められた国際女性の日にあたり、ブランドでは創業以来デザインのインスピレーションを受けてきたという女性の活躍にフィーチャー。アワード名は、ローマ神話に登場する知性や創造性の光を放つ「アウローラ(曙の女神)」に由来し、社会に貢献する活動やチャリティーを行う"輝く"女性たちに光を当て、世の中に広めていくことを目的とする新たな取り組みとなる。小雪はシャンパンゴールドのサテン素材のドレス、奈良橋はパンツスーツの装いに、それぞれ「ブルガリ(BVLGARI)」を代表する「ディーヴァ」コレクションをはじめジュエリーやウォッチを身に付けて登壇。インスピレーションを受ける女性像や、社会とのつながりについてトークを繰り広げた。

 小雪と奈良橋はハリウッド映画「ラストサムライ」で演者とキャスティング・ディレクターという立場で仕事をともにして以来、公私に渡って付き合いがあり互いにインスピレーションを与え合う存在だという。奈良橋は「どんな子供でも夢を持つことができる社会」を目指し、児童養護施設の支援に日々精力的に参加。小雪は奈良橋の活動に感銘を受けたといい、「私も子供を育てるようになって人に助けてもらっている分、人に還元していきたいという思いが強くなった」と3児の母としての顔も覗かせ「表現者として職業体験をさせる機会を設けるなど将来的に何か2人で出来ないかなという話をしている」と今後の活動にも意欲を示した。アワードは今後、文化、芸術、政治、経済、スポーツなど各界で活躍する10名を女性を選出し、11月29日に授賞セレモニーの開催を予定している。

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング