Fashion

グッチがメンズとウィメンズのショーを統合「see now, buy later」を維持

グッチ最新コレクションより Image by GUCCI
グッチ最新コレクションより
Image by: GUCCI

 「グッチ(Gucci)」が、2017年からウィメンズとメンズのファッションショーを統合することを発表した。また、発表から販売まで数ヶ月の時間を要する現行のコレクションシステム「see now, buy later」のサイクルを維持し、ラグジュアリーファッションにおけるクリエイティブと生産プロセスの重要性を尊重していく方針を明確にした。

 「グッチ」の新しい施策は、社長兼CEOのマルコ・ビッザーリが、ベルサイユで開催中のニューヨーク・タイムズ主催「インターナショナル・ラグジュアリー・カンファレンス(New York Times International Luxury Conference)」で行った基調講演で発表された。これまでは1シーズンにつき2回のショーを開催し、メンズとウィメンズそれぞれのファッションウィーク期間中にコレクションを発表してきたが、2017年から毎シーズン1回に変更となる。統合後初のファッションショーは、ミラノ メチェナーテ通りの新社屋のショースペースで開催される予定。

 マルコ・ビッザーリは講演で「アレッサンドロ・ミケーレは、これまで常にメンズとウィメンズの両コレクションを区別なくファッションショーで発表してきたので、これはごく自然な成り行きです。"ワン・シーズン・ワン・ショー"に移行することで、グッチのビジネスの多くが大幅に簡素化できることでしょう。これまで2つの関連性のない別々の日程をこなし続けてきたのは、実用性からでなく伝統の所産だったのです」と話した。また、イタリア ファッション協会(Camera Nazionale della Moda Italiana、以下CNMI)に全面的に協力するという方針の下で「イタリアンファッションシステムのさらなる強化を目指して、グッチはファッションショーの"see now, buy later"サイクルを維持できるビジネスカレンダーに沿ってCNMIと密に協力してまいります。リードタイムが不可欠な、グッチのクリエイティブと生産力をフルに活用することが基本ですから」とし、新たなコレクションスケジュールとして注目されている「see now, buy now」のシステムには賛同しないことを明らかにした。

 今回の発表についてクリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)は「メンズとウィメンズのファッションショーを統合して発表することは、私にとってごく自然に思えます。今日の世界情勢を見るとそう思えるからです。必ずしも簡単ではなく、課題もあると思いますが、私のクリエイションにとって、新たなアプローチを見出す機会になると信じています」とコメントしている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング