Fashion

日本語ブームはまだまだ続く?A.P.C.から「アペセ」Tシャツ登場

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP

 ブランドの"日本語ブーム"が続いている。フランスブランドの「アー・ペー・セー(A.P.C.)」の2016-17年秋冬コレクションからも、ブランドのロゴをカタカナ表記にしたグラフィックTシャツが登場。7月に発売が予定されている。

— ADの後に記事が続きます —

 「A.P.C.」から登場したグラフィックはフランスで制作されたもので、カナ表記を用いてブランド名を表記。日本語表記は「アー・ペー・セー」と、「ー」や「・」が入るのが正式だが、「アペセ」と略すことで親しみやすいデザインに仕上げている。同グラフィックの入ったTシャツに加えて、スウェットも登場。全世界の「A.P.C.」で展開される。

 2014年からじわじわと広がっている"日本語ブーム"。これまで「ケンゾー(KENZO)」や「カルヴェン(CARVEN)」といったハイブランドをはじめ、「アディダス オリジナルス(adidas Originals)」などからブランドネームをカナ表記にしたグラフィックアイテムが展開されてきた。昨年9月には「H&M」からは「未来はここにある」「問題ない」とプリントされたアイテムが登場し、話題になっている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング