Fashion

アシックスがリオ五輪日本代表ユニフォーム発表、桜がモチーフに

アシックスが手がけた公式スポーツウエアを着用して登場した加藤凌平選手、吉田沙保里選手らゲストアスリート
Image by: FASHIONSNAP

 アシックスが5月26日、今夏リオデジャネイロで開催される第31回オリンピック競技大会およびリオ 2016 パラリンピック競技大会の日本代表選手団に提供するオフィシャルスポーツウエアを発表した。これまではミズノやデサントと共に提供してきたが、一社が独占的に手がけたのは今回が初めて

 コンセプトは「CONNECT(コネクト:つなぐの意味)」。「つなぐ」という言葉や動作、振る舞いを連想するイメージをグラフィック化し、スポーツウエアの一部に取り入れた。トレーニングジャケットは、レッドをキーカラーに男女異なる色使いで展開。桜をモチーフに、レッドの背景から次々と浮かび上がるようにデザインし、日本代表選手が持つ力強さと華やかを表現したという。右の腕部分には、日本の正確さや精密さから着想して新たに作られた「Japan」のロゴをあしらった。ダークネイビーのパンツは男女共通のデザインで、太もも側面に桜をイメージしたパンチング加工が施されている。リオデジャネイロの気候を考慮し、ジャケットとパンツの素材は共に適度な通気性とハリのある素材感を併せ持ったニットを採用。シューズは、アシックスが独自に開発したスポンジ材「フューズゲル(fuzeGEL)」を搭載したランニングシューズ「フューズエックス(fuzeX)」をベースに制作した。提供アイテムはこのほか、リオのカーニバルの歓喜から連想したネオンイエローのウインドブレーカージャケットやTシャツ、桜を全面にあしらったダークネイビーのハーフパンツなどをラインナップ。ポロシャツは、世界で初めて開発された完全植物由来成分100%のポリエステル素材を全面的に使用した。一部のアイテムはレプリカ商品として7月上旬に発売される予定。

 発表会では、ゲストアスリートとして体操競技の加藤凌平選手やレスリングの吉田沙保里選手らがオフィシャルスポーツウエアを着用して登場した。加藤選手は「日本らしくて素敵。表彰台ではこの桜のように笑顔も満開にしたい」とコメント。吉田選手は「チャックの部分がグラデーションになっていて、おしゃれで可愛い」と気に入っている様子を見せ、五輪に向けては「女子レスリングの階級が(これまでの4階級から)6階級に増加増えるので、全階級で金メダルを取って、私自身は4連覇を達成したい」と意気込んだ。

 リオ五輪およびパラリンピックに向けて、世界中の参加国が代表選手団のユニフォームを続々と公開。カナダは「ディースクエアード (DSQUARED2)」、イギリスは「ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)」、アメリカは「ポロ ラルフ ローレン(POLO Ralph Lauren)」、スウェーデンは「H&M」が担当している。

関連>>【まとめ】どの国がおしゃれ?リオ五輪に向けて各国のユニフォームが続々発表

特設サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング