Art

浮世絵で江戸のファッションを紹介する「写楽と豊国 ~江戸の美と装い」神戸で開催

歌川広重 雪月花の内・月の夕べ
歌川広重 雪月花の内・月の夕べ

 神戸ファッション美術館で、浮世絵を通じて江戸のファッションを紹介する展示「写楽と豊国 ~江戸の美と装い」が開催される。会期は6月18日から8月14日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 江戸時代は歌舞伎が最大の娯楽で、役者絵や美人画等の浮世絵は、好みの歌舞伎役者や評判娘を身近で眺めるプロマイドだったと言われている。「写楽と豊国 ~江戸の美と装い」展では、謎の浮世絵師として知られる東洲斎写楽と、そのライバルで浮世絵界最大の流派である歌川派の総帥 歌川豊国を中心とした作品140点を展示。浮世絵を通じて江戸時代の色鮮やかな着物の柄や模様、流行のしぐさなどを紹介し、江戸時代のファッションの変遷を辿る。なお、和装の入館は料金が無料になる。

■写楽と豊国 ~江戸の美と装い
 会場:神戸ファッション美術館
 住所:兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
 会期:2016年6月18日~8月14日
 時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
 休館日:月曜日(7月18日は開館)、7月19日
 料金:一般 500円、小中高生・65歳以上 250円
 公式サイト

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング