Fashion

500万円超え "骨を美しく魅せる"仏ジュエリーが日本上陸

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP

 パリ発のジュエリーブランド「ヴァンリック(VANRYCKE)」から、最高級ラインのコレクション「スティロイド(Styloïde)」がデビューした。国内展開価格が200万円台から500万円を超える同ブレスレットは、ドーバー ストリート マーケットの限定店舗で展開。発売に合わせて、デザイナーのリズ フェレイラ ヴァンリック(LISE FERREIRA VANRYCKE)が銀座店に来店した。

— ADの後に記事が続きます —

 「ヴァンリック」は、ダイヤモンドとゴールドのコンビネーションを軸に、ラグジュアリーでありながらもカジュアルに身につけられるジュエリーを展開している。パリでは多くないという華奢なデザインが受け、セレブリティからも支持。ブランド開始から16年を迎えた今年、次のステップとして最高級コレクション「スティロイド」を発表した。

 腕時計のような「スティロイド」は手首部分の出っ張っている"骨"を美しく見せるためにデザインされ、構想から完成まで約3年を費やしたという。スイスメイドの基準に従い、35種類、287個のパーツを20時間以上かけて手作業で仕上げる。18Kローズゴールド(税抜 2,736,000円)、2.75カラットのホワイトダイヤモンドが配置された18Kローズゴールド(税抜 5,211,000円)と18Kホワイトゴールド(税抜 5,486,000円)の全3種類で構成。

 エディ・スリマン(Hedi Slimane)を敬愛するデザイナーのリズ フェレイラ ヴァンリックは、ジュエリーを「第2の皮膚」と捉え可能性を追求してきたといい、「スティロイドは肌にぴったりと密着させるために、特殊な技術を用いています。ラグジュアリーなジュエリーだからこそ日常的に使って欲しい。機能性にもこだわっています」と話した。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング