Fashion

若手クリエイターの"駆け込み寺"を目指す共同アトリエ「成遂寺」オープン

成遂寺を立ち上げた「old honey」の原まり奈と「ZOKUZOKUB」の星拓馬

 バンタンデザイン研究所出身デザイナーが手がけるブランド「オールドハニー(old honey)」と「ゾクゾクビ(ZOKUZOKUB)」が中心となり運営する共同アトリエ「成遂寺(せいすいじ)」が、クラウドファンディングでの資金調達を経てオープンする。若手デザイナーが集い制作活動を行う"クリエイターの駆け込み寺"を目指す。

— ADの後に記事が続きます —

 プロジェクトは、多くの若手ファッションデザイナー学生が卒業後に抱えるという「服作りの環境確保」の問題に一石を投じる形で始動。ブロジェクトは、デザイナー同士で場所や道具をシェアしてコストを抑え、同じ空間で切磋琢磨し合える環境を整えた共同アトリエを作り上げることを目標に掲げ、クリエイターが"成し遂げる"場所として「成遂寺」と名付けられた。2014年度の「Asia Fashion Collection(以下、AFC)」を勝ち抜き、NYコレクションデビューを果たした原まり奈が手がける「オールドハニー」と星拓馬が手がける「ゾクゾクビ」は副賞として、今春から都内の物件をアトリエとして使用できる権利を獲得。同じく昨年AFC最優秀賞を受賞した相馬慎平が手がける「シンペイ ソウマ(Shinpei SOMA)」が加わり、活動をスタートさせる。今回の立ち上げにあたり、パルコが運営するクラウドファンディング・サービス「ブースター(BOOSTER)」で資材や内装設備の費用を募り、今年の1月に目標を大きく上回る86万3,000円をクラウドファンディングで調達。獲得した資金はアトリエの内装などに充てられオープンに至った。

 内装は創作意欲の向上を得られるような「現代的なお寺」をイメージした造りになっており、デザイナー、スタイリスト、モデル、フォトグラファー、ヘアメイクなど多様なジャンルの若手クリエイターのポートレイトや作品を常設展示し、今後は所属ブランドのほか、若手のクリエイターの支援の場として修行体験ができるような運営を行っていくという。アトリエのオープンを記念し、6月23日から25日にはオープニングレセプションを開催し、作品の展示や受注会を行う。

■ アトリエ「成遂寺」
場所:東京都品川区上大崎 3-7-3 吉田マンション 401号室
URL:https://www.facebook.com/atelier.seisuiji/

■オープニングレセプション「初詣」
日程:6/23(木)〜6/25(土)
時間:15:00〜20:00
場所:アトリエ「成遂寺」
内容:作品展示&受注や、クリエイターのポートフォリオ展示、軽飲食や粗品提供
※誰でも参加可
https://www.facebook.com/events/1014769048591872/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング