senken plus

人気ブログ立役者が説くスナップの極意とは?

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

ブログ、フェイスブック、インスタグラム...SNS運営もまた販売員の大事な役割になり、人気が出れば芸能人並みにフォロワーがついたりする時代。 今回、ハイブランド・デザイナーブランドのセレクトショップ、マギークープでブログを立ち上げ、おしゃれさんを魅了するブログに育て上げた銀座店の村上由美子店長の話から、"虎の巻"をまとめました。4回シリーズでお届けします。

SNS虎の巻‐2 人気ブログの立役者が説くスナップの極意

20160702senkensnap2.jpgスマートフォンのカメラも性能は良いが、「やっぱり服を綺麗に見せたいから、デジカメ派」(写真はイメージ)

1、自分の気持ちが上がる服・コーディネートを着用せよ

新商品のコーディネートスナップは、どんな販売員も直面する試練。「いつも着こなせていない感じがして...」と自信を無くしていないか?他人に指定された服で気分を乗せられるのは実は、上級者。ハードルが高くて当然だ。 大事なのは、自分の納得感。これが、カメラの前に立った時の自信につながる。数ある新商品を吟味して、自分が好きな型や色でコーディネートしてみよう。自分で組むのが苦手なら、周りの人に「一番可愛く(かっこよく)見える服」をアドバイスしてもらおう。
20160702senkensnap3.jpg自分の意志を持って服を選ぶのが大事(マギークープ銀座店)

2、ポーズは一つと決めつけるな。45度ずつ回転しながら、一か所で上下左右様々な角度から撮影せよ

撮影本番は、服の良さ・特徴が表れ、自分も可愛く(かっこよく)見える黄金の角度を探せ。特にパターンの凝った服は、横や斜め、後ろからこそ綺麗に見える。そうこうしているうちに、脚が長く見える角度、二の腕が細く見えるポイントが必ず見つかる。真正面からのワンパターンだけの映りを見て、「自分にはやっぱり無理」なんてしょげる必要はない。
20160702senkensnap4.jpgカメラマンは屈んで下から。モデル役はかかとを少し持ち上げると脚長に見える
20160702senkensnap5.jpg横から見るとこんな感じ
20160702senkensnap6.jpgカメラマン、今度は寄って中腰で。モデル役は首をややかしげた角度がお気に入り

3、掲載写真は顔、スタイル、服の全てがパーフェクトに映りの良い一枚を選び抜け

最も集中を要するのが、掲載用の写真選び。一か所で複数枚撮っていると、軽く100枚くらいになる。その中から、服も自分も最上の一枚を正面、横、後ろ、服のアップなど必要なカット別に選び抜く。白目写真があっても捨てればいい、そのためにたくさん撮っているんだから。
20160702senkensnap8.jpg写真選びはパソコンの大画面でじっくり時間をかける

様々な角度から撮りまくる。その中に、服も自分も映りの良い究極の一枚が埋もれている

次回、ブログの書き方・写真レイアウトを紹介。

このコンテンツが載っているアプリのダウンロードはこちら。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング