Fashion

エンダースキーマ、初の路面店「スキマ」を恵比寿に出店

スキマ
スキマ
Image by: エンダースキーマ

 「エンダースキーマ(Hender Scheme)」が、恵比寿2丁目に初の路面店「スキマ」を7月22日にオープンする。

 

 ブランド初の路面店「スキマ」は、50年間自動車部品を作ってきた工場の跡地に出店。デザイナーの柏崎亮は「黒か白かではなく、その両色を混ぜて出来上がる灰色のような、モノやコトの狭間や隙間にあるボヤけた世界を表現したいと考えてきた」と話し、50年間の経過によって創り出された灰色の空間は、黒と白のスキマや街のスキマ、モードとクラフトのスキマ、無機質と有機質のスキマなど、ブランドが考える"隙間"を表現するのにぴったりの場所だったという。

 オープン時は2016年秋冬の新作商品に加え、直営店限定で過去のシューズライン「ゲルニカ(Guernica)」と「ムーテーション(mutation)」の2モデルを店舗のコンセプトカラーであるグレーで復刻販売する。また、店内入って左手には"娯楽・楽しみ"といった意味の「recreation」と"改造""再構築"といった意味の「re-creation」の2つの言葉からコンセプトを得た展示スペース「リクリエイション(recreation)」を設置。既存のものに手を加えて新しいものを作っていくラボの要素を持ったスペースで、様々な異素材やパーツなどを組み合わせたアイテムを不定期で展示販売する。

■スキマ
住所:東京都渋谷区恵比寿2丁目 17-20 長谷川ビル 1F
オープン日:2016年7月22日
営業時間:14:00-20:00

公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング