senken plus

八木通商「アレクサンドルドゥパリ」株取得

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

八木通商はこのほど、フランスのヘアアクセサリーブランド「アレクサンドル・ドゥ・パリ」を所有、販売する仏企業、ベイリー・インダストリーズの株式を50%取得した。日本では10月末をめどに八木通商51%、本国49%の出資比率でアレクサンドル・ドゥ・パリ・ジャパンを設立し、17年1月から八木通商がアレクサンドル・ドゥ・パリの輸入を開始。ジャパン社が日本でのマーケティングおよび販売を行う。

yagi-20111206_003.jpg

サントノーレの旗艦店


アレクサンドル・ドゥ・パリは60年代に世界中のセレブやハリウッド女優が顧客だったパリのオートコワフュール(オートクチュールの性格を美容院に置き換えたような高級美容院)から始まったヘアアクセサリーブランド。日本では現在、三崎商事が販売しているが、契約は今年末に満了する。

八木通商は、百貨店インショップでの販売に加えて、17年前半には銀座、青山に旗艦店をオープンさせる。5年後には小売りベースで30億円規模のビジネスに育てる方針。

yagi-20111206_001.jpg

サントノーレの旗艦店の店内

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング