Fashion

ららぽーと湘南平塚の館内公開、デザインコンセプトは「山と海」

三井ショッピングパーク ららぽーと湘南平塚 外観 Image by FASHIONSNAP
三井ショッピングパーク ららぽーと湘南平塚 外観
Image by: FASHIONSNAP

 三井不動産が10月6日に開業するリージョナル型ショッピングセンター「三井ショッピングパーク ららぽーと湘南平塚」の館内が、オープンに先駆けて公開された。モールデザインは湘南平塚エリアの特徴を取り入れ、「YAMA TO UMI(山と海)」をコンセプトに北モールを「山」、南モールを「海」という異なるテーマに設定。中央広場は立体公園をコンセプトに、白が基調の3層吹き抜け空間になっている。ファッションや飲食、アミューズメントなど「湘南」や「ギャザリング(集い・つながり)」をテーマにした全247店舗が集積。子育てをする母親のニーズを汲み取ったサービスも多数展開される。

— ADの後に記事が続きます —

 延床面積16万6,000平方メートルの同施設は1階〜3階で構成。JR東海道本線平塚駅から徒歩圏にあり、平塚市役所や平塚市美術館といった公共施設が多数ある平塚市の中核エリアに位置する。湘南エリア在住の人々の「主婦だからこそ『家でのんびり』に罪悪感がある」「平塚は子どもが遊ぶ場所があまりない」といった声に応えるため「ひらつかリビング〜My Third Place〜」をコンセプトに、居心地が良いデザイン空間に様々な集いの空間を導入。3階のツリーハウスのようにデザインされたコミュニティスペース「Shonan Tree House」では、ワークショップやイベントを定期的に実施し、人・モノ・コトの出会いや交流、学びの場を提供する。イベントがない時はレストスペースとして利用できる。また子連れの客のニーズに応え、2階にはららぽーと初の授乳室を併設した遊び場「こにわハウス」、3階のフードコート内にはららぽーと最大となる約200平方メートルのキッズスペースを設ける。

 施設内には、神奈川県初出店となる英国発のプレミアムカジュアルブランド「オールセインツ(ALLSAINTS)」やイタリアのレッグウエア&ビーチウエアのブランド「カルツェドニア(CALZEDONIA)」、チームラボによる学べる遊園地「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」、商業施設初出店となるカリフォルニア発のプレミアムバーガーレストランチェーン「カールス ジュニア(Carl's Jr.(R))」などがラインナップする。プロサッカークラブの湘南ベルマーレや日産自動車とコラボレーションした店舗も展開される。

■三井ショッピングパーク ららぽーと湘南平塚
所在地:神奈川県平塚市天沼10-1
店舗数:247店舗
駐車台数:約4,000台(臨時駐車場含む)
営業時間:ショッピング・サービス 10:00-21:00
フードコート 10:00-21:00
レストランゾーン 11:00-22:00
スーパーマーケット 10:00-21:00
ラウンドワン 月〜木 10:00-翌6:00、金祝前日 10:00-終日、土 24時間営業、日祝日-翌6:00
※一部営業時間が異なるショップあり

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング