Fashion

【動画】ミントデザインズ、人種や文化が交差する「サブウェイ」をテーマに<17年春夏>

ミントデザインズ 2017年春夏コレクション
ミントデザインズ 2017年春夏コレクション
Image by: FASHIONSNAP

 デザイナー勝井北斗と八木奈央が手がける「ミントデザインズ(mintdesigns)」が、2017年春夏コレクションのランウェイショーを恵比寿リキッドルームで開催した。人種や文化が交じる「サブウェイ(SUBWAY)」をテーマに、躍動感のある「ミントデザインズ」ならではのストリートウエアが並んだ。

 

 会場内は暗く、明かりはスポットライトのみ。低音が効いたリズムが鳴り出すと、颯爽と登場したモデル達がフロアを行き交った。ニューヨークの地下鉄に見られるようなグラフィティアーティストによる落書き、ストリートミュージシャンが奏でる音など、躍動感やリズムが着想源になったという今シーズンは、これまでになく軽快で多様性のあるスタイルが目立つ。実験的な加工や質の高いオリジナル素材を使用しながらオーバーシルエットを着崩したり、電線や木にスニーカーが引っ掛かった「シュートッシング」からヒントを得たシューレースを随所にデザインするなど、自由に着こなせる個性を重視したという。あえて一環したストーリーを作らず多彩なアプローチで、雑多な地下鉄やストリートアートのようにエネルギッシュな感性が表現された。

 2001年にスタートした「ミントデザインズ」は、数シーズン前から海外展開の強化に向けて取り組んでいるが、国内と海外の展開はそれぞれ別に考えているという。バイヤーの声などから、コレクション発表から販売までの期間の短縮などこれまでとは異なるシステムも視野に、今後のブランド体制を検討していきたいと話している。

■mintdesigns 2017年春夏コレクション
 コレクションの全ルック・バックステージ・オフショット

■コレクション情報を網羅した特設ページ
 東京ファッションウィーク2017年春夏

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング