Fashion

欅坂46"ナチス風"衣装 ソニー・ミュージックと秋元康が謝罪

 アイドルグループ欅坂46の衣装がナチス・ドイツの軍服を彷彿とさせるデザインだとしてネット上で批判を浴びている件について、同グループの所属レコード会社ソニー・ミュージックが11月1日、公式サイトに謝罪文を掲載した。該当の衣装は「今後一切着用いたしません」と発表している。

ソニー・ミュージック公式サイトより
ソニー・ミュージック公式サイトより
— ADの後に記事が続きます —

 欅坂46は、10月22日に開催されたハロウィンイベントでワシの紋章の付いた黒い帽子やマントを着用。ナチス・ドイツの軍服が黒をベースにしているだけではなく国章にワシが使われていることから「ナチス・ドイツの軍服に似ている」という指摘がSNS上で拡散し、10月31日には米国のユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が同社に謝罪を求めるなど騒動が発展していた。

 ソニー・ミュージックは「私どもの認識不足により、衣装の色やその他を含む全体のデザインが、そのようなイメージを想起させる部分があり、ご不快な思いをさせてしまったことに対し、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。また、騒動をニュースで知ったというプロデューサーの秋元康は、「ありえない衣装でした。事前報告がなかったので、チェックもできませんでした。スタッフもナチスを想起させるものを作った訳ではないと思いますが、プロデューサーとして、監督不行き届きだったと思っております」とコメントを発表している。今後は再発防止に努めていくという。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング