「デザインの本流に立ち戻った服作りを」ハトラ長見×ヌケメの新ブランド「オーケイ」デビュー

2017年春夏コレクション
2017年春夏コレクション
画像: Okay

 「ハトラ(hatra)」の長見佳祐とファッションデザイナー/アーティストのヌケメ(nukeme)が、新ブランド「オーケイ(Okay)」を立ち上げた。ファーストコレクションでは「NEW DAYS」をテーマに、ポケットが付いた「耳たれ帽」や切れ込みが入ったスエードシャツなどを発表。アイテムの一部は「水曜日のカンパネラ」コムアイのツアー衣装にも採用されている。

 「オーケイ」は、メインストリームへのカウンターとして見られてきた両氏のモノ作りを前提に、「デザインの本流に立ち戻ったときに2人で何が作れるだろうか」という思いから立ち上げられた。デビューコレクションでは、「ハトラ」では展開されていないシャツやオーガンジーのトップスなどのウエアの他に、ネックレスや非売品のスリッパも発表。価格帯は9,000円〜64,000円で、ラフォーレ原宿 1階のセレクトショップWALLなどで4月から順次販売される予定だ。「ハトラ」の長見佳祐は「漂流物から何かを読み取り、利用する、そのとき受け手は何者でもない状態ではいられない。そんな品物を『オーケイ』で提案できれば」とコメント。人が認めたく無いパーソナルな部分をあぶり出す服作りを目指すという。