Art

「大ラジカセ展」がパルコミュージアムに巡回、銀杏BOYZ峯田和伸らが新たに参加

大ラジカセ展
大ラジカセ展
Image by: パルコ

 ラジオカセットレコーダー(以下、ラジカセ)にフォーカスを当てた「大ラジカセ展」が、池袋パルコ本館7階のパルコミュージアムで開催される。会期は12月9日から27日まで。

 

 同展は、今年の5月に梅田ロフトで開催された展覧会の巡回展となり、日本随一のラジカセ・家電蒐集家の松崎順一が所有する約5,000点のラジカセコレクションから約100台をセレクトして展示するほか、ラジカセから派生して誕生したカルチャーを紹介。前回に引き続き、クリエーターによるカセットコレクションやカセットアートを公開する「カセットは語る」のコーナーも設置し、安齋肇やみうらじゅん、水道橋博士、三戸なつめ、伊藤桂司、スージー甘金、和田ラヂオ、ステレオテニスらに加えて、ノーナ・リーヴス(NONA REEVES)の西寺郷太と銀杏BOYZの峯田和伸が新たに参加する。併設のショップでは、展覧会オリジナルデザインのカセットメモ(540円)やクリアファイル(324円)、クッション(8,424円)、ヴィンテージラジカセ、ミュージックテープ、中目黒のカセットテープ専門店「ワルツ(waltz)」のグッズなどを販売。展覧会を記念した限定アイテムの発売も予定している。

■日本発 アナログ合体家電 大ラジカセ展
会期:2016年12月9日(金)〜12月27日(火)
10:00〜21:00(最終日は18:00閉場)
*入場受付は閉場の30分前
会場:パルコミュージアム(池袋パルコ本館7階)
東京都豊島区南池袋1-28-2
入場料:一般500円/学生400円/小学生以下無料
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング