Fashion

「未来を象徴する新しい世代」ドルチェ&ガッバーナのショーに49人のミレニアルズ起用

中央はファーストルックで登場したキャメロン・ダラス Image by Dolce&Gabbana
中央はファーストルックで登場したキャメロン・ダラス
Image by: Dolce&Gabbana

 「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」が、ソーシャルメディアからブレイクしたアイコンや、著名人を親に持つ2世セレブなど"ミレニアル世代(=ミレニアルズ)"の起用に積極的だ。2017年春夏コレクションショーで彼らをフロントロウに招待して以来、キャンペーンやショーのモデルに続けて起用している。

— ADの後に記事が続きます —

 「ドルチェ&ガッバーナ」がミラノで発表した2017-18年秋冬メンズコレクションでは全112ルックが披露され、49人のミレニアルズがランウェイに登場。動画SNSのヴァイン(Vine)で人気を集めたキャメロン・ダラス(Cameron Dallas)がファーストルックを飾り、ラッキー ブルー・スミス(Lucky Blue Smith)ルカ・サバト(Luka Sabbat)といったソーシャルアイコンのほか、シンディー・クロフォードの息子 プレスリー・ガーバー(Presley Gerber)やジュード・ロウの息子 ラファティ・ロウ(Rafferty Law)、シルベスター・スタローンの娘 システィーン・スタローン(Sistine Stallone)とソフィア・スタローン(Sophia Stallone)、ライオネルリッチーの娘 ソフィア・リッチー(Sofia Richie)ら2世セレブがランウェイを歩いた。ショーで行われたライブパフォーマンスは、Youtubeへの動画投稿をきっかけに歌手になったオースティン・マホーン(Austin Mahone)が担当。デザイナーのドメニコ・ドルチェ(Domenico Dolce)とステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)は、「ミレニアルズはソーシャルメディアに日々を投稿するなど、生活スタイルから新しいものを生み出していく。未来を象徴する新しい世代として、彼らを応援している」と発言するなど、10〜20代に多大な影響力を持つミレニアルズに関して好意的な印象を示している。

 2017-18年秋冬メンズコレクションは、「ミリタリー」「アビエイター」「カレッジ風」の3種のボマージャケットや、90年代の「D&G」にオマージュを捧げたルックがランウェイに登場。ライオンなどの動物をモチーフにしたバックパックやウエアも複数披露され、来場客の視線を集めた。

【全ルック公開】Dolce&Gabbana 2017-18年秋冬メンズコレクション

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング