Fashion

コンバース トウキョウ、スティーブ アオキと一ツ山佳子を迎え新ラインスタート

 「コンバース トウキョウ(CONVERSE TOKYO)」が、2017-18年秋冬シーズンから2つの新ラインをスタートする。メンズはスティーブ アオキ(STEVE AOKI)が手がける「ディムマック(DIM MAK)」とコラボレーションし、ウィメンズのディレクションにはスタイリストの一ツ山佳子を迎えた。

スティーブ アオキ、一ツ山佳子 Image by コンバース トウキョウ
スティーブ アオキ、一ツ山佳子
Image by: コンバース トウキョウ
— ADの後に記事が続きます —

 新メンズライン「CONVERSE TOKYO×DIM MAK」は、ディムマックのラグジュアリーとアーバン&ストリートの考え方をベースに、コンバース トウキョウの定番の色味やシルエットで仕上げたアイテムを展開。ウィメンズの新ラインでは、モードからストリートまで幅広くスタイリングが可能なスタイリストだからこそ表現できる新しいウィメンズウエアのあり方を提案する。ファーストコレクションは3月下旬の展示会で発表され、8月中旬に発売が予定されている。

公式サイト

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング