アンリアレイジと名和晃平の協業による2体
Image by: ANREALAGE

Fashion

【動画】アンリアレイジが名和晃平と協業、彫刻のような3Dドレス制作

アンリアレイジと名和晃平の協業による2体
アンリアレイジと名和晃平の協業による2体
Image by: ANREALAGE

 デザイナー森永邦彦が手がける「アンリアレイジ(ANREALAGE)」が、パリで2017-18年秋冬コレクション「ROLL」を発表した。アーティスト名和晃平(SANDWICH)との協業によって制作された2体の3Dドレスも登場した。

 

 ランウェイショーは、パリのファッションウィーク公式スケジュール初日に、ザ ウェスティン パリ ヴァンドーム内のサロン・インペリアルで開催された。冒頭で登場した2体は名和晃平とのコラボレーションにより、デニム生地の300メートルロールをロボットアームで切削して制作されたドレスで、彫刻と服の融合を試みたという。ロボットアーム切削は坂本設計技術開発研究所とnoiz architectsが担当した。

 廻り続けるファッションの姿を木の年輪に例え、コレクションには様々なテクニックによる年輪のモチーフや、積層状に重ねる手法が用いられた。リボンテープをロール状に巻いたドレスをはじめ、手編みニットやレーザー加工、ジャカードで年輪模様を表現したトップスやボトムス、そしてAラインのアウターやボトムスは円筒形のパターンから作られている。スパイラル状のパターンで作られたシリーズはファスナーを開けると一本のテープ状に解体され、後半のデニムシリーズは耳(セルビッジ)を積層状に重ねて表現。ラストルックは99枚のフェルト生地を重ね合わせて立体的なフォルムを作るなど、テクノロジーと職人技術によって新しい服作りのアプローチが試みられた。

■ANREALAGE 2017-18年秋冬コレクション:ショー映像・全ルック画像

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング