Fashion

鈴木えみがファッションブランド「ラウタシー(Lautashi)」立ち上げ

デザイナーの鈴木えみ
デザイナーの鈴木えみ
Image by: FASHIONSNAP

 鈴木えみがデザイナーを務めるウィメンズブランド「ラウタシー(Lautashi)」が、2017年秋冬にデビューする。ブランド名は、「いとおしい」「かわいらしい」といった意味を持つ古語「らうたし」に由来。

 今年でモデル活動18年目を迎える鈴木えみは「服を選ぶのも着るのもすごく好き。20代後半からいつか服作りをしたいという気持ちがあった」と振り返り、「これまでコラボレーションとして服を作る機会はあったが、それは途中参加という形。完全に自分のイメージ通りにできないことが少なくなかった」と話す。「ラウタシー」では、ストリートからコンサバまで様々なジャンルの服をモデル業で着用してきた鈴木が確立した自身のスタイルを反映。アパレル企業などのバックアップはなく、会社の立ち上げから素材の調達、工場の開拓まで、自身が手掛けている。交流が深いデザイナーなどから情報を得ることも多いという。

 デビューとなる2017年秋冬コレクションでは、ボマージャケット(8万5,000円)、手編みのニットカーディガン(7万5,000円)、プリントドレス(5万円)、ニットトップス(2万9,000円)などをラインナップ。あえて販路を限定して展開していく予定で、自社ECのほか限られたセレクトショップなどを視野に入れる。「ラウタシー」での目標については、「最近は『ファッションがすごく好き』という層と『着られれば何でも良い』という層が両極端になってきていると感じていて、そこを少しでも緩和できればという思いはある。ラウタシーを入り口に『洋服ってこんな役割を果たしてくれるものなんだ』と気付いたり、洋服が誰かの背中を押してあげたり、何か手助けできる要素になれば嬉しい」と話した。

「ラウタシー」2017年秋冬コレクション

公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング