Fashion

3つの図形がレンズに「イッセイ ミヤケ×金子眼鏡」アイウエアシリーズ新作発売

BONE SERIES Ⅳ
BONE SERIES Ⅳ
Image by: (c)2017 ISSEY MIYAKE INC.

 イッセイ ミヤケと眼鏡メーカー「金子眼鏡」の共同開発によるアイウエアシリーズ「ISSEY MIYAKE EYES」から、第4弾「BONE SERIES Ⅳ」が発売された。3つの図形が取り入れられたジオメトリックなフレームが特徴だ。

 2015年にスタートした「ISSEY MIYAKE EYES」は、イッセイ ミヤケ メンのデザイナー高橋悠介がデザイン、開発と生産を金子眼鏡が手掛けている。新シリーズは従来のモデルとは異なる大胆なデザインで、「GRAPHIC」をテーマに五角形と八角形、そして丸から生まれた3種のフロントが特徴。これまでと同様に、軽量メタルフレームや薄く削り込んだアセテート製のインナーリムを採用している。フロントフレームの外側には0.8×1.8ミリメートルの極細ピュアチタニウム線材を使用し、フロントとテンプルをつなぐ智(ヨロイ)を1つのパーツに完結させた。ヒネリ加工を施したテンプル形状は手作業で高精度に仕上げ、樹脂素材のトロガミドを挟み込むことで柔らかな掛け心地を備えている。インサートパーツには、このシリーズのために作られた「ブルーデミ」と「グリーンデミ」のカラーリングも展開。「ROUND IV」「OCTAGON IV」「PENTAGON IV」の全3型、各4色ずつの12バリエーションで、価格は税別4万6,000円。

■ISSEY MIYAKE EYES:特設サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング