Fashion

今宿麻美&MASAH夫妻が手掛けるウィメンズウエア「SEASONING」2017年秋冬に本格デビュー

今宿麻美&MASAH夫妻 Image by FASHIONSNAP
今宿麻美&MASAH夫妻
Image by: FASHIONSNAP

 モデルの今宿麻美&スタイリストのMASAH夫妻によるウィメンズブランド「シーズニング(SEASONING)」が、2017年秋冬シーズンに本格デビューする。3月末に閉店したザ・パーキング銀座で発足したプロジェクトだったが、COLORS.incの運営で再始動。今宿&MASAH夫妻はブランディングディレクターという立ち位置でブランドに携わり「僕がブランディングを考えて今宿がディレクションしてデザインチームが形にする」(MASAH)というプロセスでコレクションを制作する。

— ADの後に記事が続きます —

 シーズニングは、ザ・パーキング銀座で昨秋行われたイベント「AUTUMN IN THE PARK・ING」のために制作され、限定販売された。2017年秋冬からはCOLORS.incが運営するウィメンズブランドとして本格的に始動し、年2回コレクションを発表する。調味料を意味するブランド名にちなみ、各コレクションのベースとなる色をシーズンカラーとして設定し、差し色として3色のスパイスカラーを各アイテムのデザインに取り入れるユニークな展開となる。

 2017年秋冬はグレーをシーズンカラーに設定。様々なトーンのグレーをベースにしたアイテムにはステッチやポケットといったディテールにスパイスカラーのマスタード、ダークグリーン、バーガンディーが取り入れられた。ニットはカシミアとウール、ブルゾンはナイロンとベルベットなど、一つのデザインに対してカラーバリエーションではなくテキスタイルバリエーションを用意。同じ型でも価格が異なるのが特徴となっている。また今季は「ポーター(PORTER)」「エーエムビー(Amb)」「ユウミアリア(YuumiARIA)」「アレッジ(ALLEGE)」「リトゥ(retaW)」といったブランドとのコラボレーションも行っている。

 「いい意味で力が入りすぎていないことが大事」とMASAHが話すコレクションは、最も高額なアイテムがカシミア100%のニットで6万8,000円で、その他アイテムの価格帯はツイードコートが5万8,000円、ナイロンブルゾンが3万6,000円、ベロアロングワンピースが3万4,000円、コーデュロイパンツが2万6,000円、デニムパンツが1万9,000円(すべて税別)など。「今は服よりも食の方に意識が高い気がする」(MASAH)とし、ユニセックスで着用できるTシャツやパーカには「DESSERT」や「SALAD」「WATER」など食にまつわるワードがプリントされた。今後は缶入り胡椒の「ギャバン(GABAN)」や味の素といった食品メーカーとのコラボレーションにも興味があるという。理想のブランド像については「コーディネートの主役というよりは、調味料のように他の服を引き立たせるアイテム、『あったら楽だよね』という服を作りたい。10代からも買ってもらえるようになれば」と展望を話した。

■SEASONING:公式インスタグラム

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング