Fashion

10周年「ステュディオス」原宿本店がリニューアル、賞金総額100万円のスナップコンテストも

「ステュディオス」原宿本店の内観 Image by TOKYO BASE
「ステュディオス」原宿本店の内観
Image by: TOKYO BASE

 セレクトショップ「ステュディオス(STUDIOUS)」原宿本店が10周年を機に、9月16日にリニューアルオープンした。商品構成はセレクト8割、オリジナル2割と他店舗に比べてセレクト商品の比率を高め「きちんとブランドを育てて売る、次世代のセレクトショップの在り方を示していく」(広報担当者)。オープン前日に顧客150人を招待した販売会では1,100万円を売り上げた。

— ADの後に記事が続きます —

 内装デザインはDAIKEI MILLSの中村圭佑が担当。白を貴重としたクリーンな印象の店内は、従来あった仕切りをなくして若手から老舗まで分け隔てなく商品が並ぶ。外部にはスナップポイントとして「from JAPAN to the WORLD 日本発を世界へ」と書かれたネオンサインを設置したほか、ショップの前には椅子を設けるなどして「ファッショニスタが集うトレンドの発信基地」を目指す。リニューアルを記念し「サルバム(sulvam)」「ベッドフォード(BED j.w. FORD)」「ステュディオス」のトリプルコラボレーションアイテム全8型を製作した。

 10周年記念企画として、9月は「アタッチメント(ATTACHMENT)」と「ショット(Schott)」、10月は「ジョン スメドレー(JOHN SMEDLEY)」と「エトセンス(ETHOSENS)」、11月は「ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)」と「アヴィレックス(AVIREX)」、12月は「ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain Featherbed)」と「N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」とのトリプルコラボアイテムを順次展開する。

 また、賞金総額100万円のスナップコンテスト「MR.STUDIOUS」を開催。9月15日から30日までの期間中、東京デザイナーズブランドを着用したスタイリング写真を「#STUDIOUS10th」のハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿するとエントリーでき、TOKYO BASEの社員やスタイリストらによって選ばれた人は後日、一般投票により審査される。グランプリは50万円、準グランプリは20万円、いいね賞・スタイリスト賞・バイヤー賞はそれぞれ10万円の賞金が贈られる。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング