Fashion

エルヴィスも愛用した腕時計「ハミルトン」世界初の旗艦店が原宿にオープン

(左)エルヴィス・プレスリーが1965年12月24日に購入したモデル/(右)映画「メン・イン・ブラック」(1997年)の劇中使用モデル。ダイヤルにライトが施された撮影用の特別仕様
Image by: FASHIONSNAP

 三角形の独創的なスタイルがアイコニックな腕時計「ベンチュラ」で知られる米時計ブランド「ハミルトン(HAMILTON)」が11月18日、世界初となる旗艦店を原宿・キャットストリートにオープンした。

 ブランド名の頭文字「H」をイメージしたファサードが印象的なエントランスを入ると、吹き抜けの開放的な空間が客を迎える。2フロアから構成され、1階の販売フロアにはメンズとウィメンズのフルコレクション300型以上をラインナップし、2階ではブランドの歴史に触れることができるライブラリーコーナーを設置。オープン時は、エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)が愛用していたモデルをはじめ、「インターステラー」や「2001年宇宙の旅」といった映画で使用された腕時計など貴重なアイテムが一部期間限定で展示されている。

 同店では、オープンを記念して人気シリーズ「ベンチュラ」と「カーキ」の新作を世界に先駆けて発売。今年で誕生60周年を迎えた「ベンチュラ」からはエルヴィス・プレスリーが愛用したフレックス・ブレスレットタイプのモデル(税込9万8,280円)が日本先行発売モデルとして登場する。

 新店舗は日本初の直営店であると同時に、グローバル初の旗艦店となる。ブランド誕生の地である米国ではなく、全体の売り上げの14%を占める日本を出店地に選んだ背景には、シルバン・ドラCEOのキャットストリートへの思いがあるという。「キャットストリートは、パリにもアメリカにも無いような唯一無二の場所。以前東京を訪れた際に来る機会があり、最初の旗艦店は絶対にここが良いと思った」(シルバン・ドラCEO)。「アディダス オリジナルス(adidas Originals)」や「オールセインツ(ALLSAINTS)」「ロク ビューティ&ユース(ROKU BEAUTY&YOUTH )」といった10〜20代の男女から支持されるブランドが立ち並ぶキャットストリートへの出店を機に、若年層の取り込みにもつなげていきたい考えだ。

■ハミルトンブティック 東京 キャットストリート
所在地:東京都渋谷区神宮前6-14-5
営業時間:11:00~ 20:00
定休日:不定休・元旦
電話:03-3400-1181
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング