Fashion

新たな和文化のカルチャー誌「ぶ」が発売、秋元梢らが参加

Update:

【3月9日追加】価格が税込2,500円に変更。

表紙 SHOHEIによるボールペン画表紙 SHOHEIによるボールペン画
表紙 SHOHEIによるボールペン画

 写真家 腰塚光晃が編集長を務める新雑誌「ぶ ー江戸 かぶく 現代ー」が、2018年3月9日に発売される。価格は税別2,000円。

 「ぶ ー江戸 かぶく 現代ー」では江戸に息づいた「傾く(かぶく)」の精神をベースに、 江戸時代と現代に生まれた表現を発信。日本の伝統や文化の最先端で活躍する表現者たちを迎え、ビジュアルやインタビューなどを掲載する。

 第1号では、表紙に画家のSHOHEIが描いたボールペンアートを採用。秋元梢をファッションディレクターに迎えた着物とハイファッションによるミックスコーディネート特集をはじめ、パンクバンド「切腹ピストルズ」の隊長 飯田団紅のロングインタビュー、ファンタジスタ歌麻呂やAiko Robinson、YONABE 、NAGAらが手掛けたグラフィックアートなどを紹介する。2018年夏には、雑誌のリアルイベントの実施が予定されている。また、「キャンプファイヤー(CAMPFIRE)」で1月31日までクラウドファンディングを実施。支援者にはリターンとして、オリジナルデザインのステッカーや手ぬぐい、浴衣着付けレッスンの提供、クレジットページへの名前の掲載などが用意されている。今後は年1回発行していく予定だ。

 腰塚光晃は1969年生まれ。プランナーや編集者、スタジオアシスタントを経て、1997年写真家として活動開始。2013年に着物ブランド「Elly&Oby」のコレクションを新宿伊勢丹本店で発表し、翌年には妻である腰塚玲子とともに中目黒に着物屋「KAPUKI」をオープンした。

■「ぶー江戸 かぶく 現代ー」創刊号 概要
発売日:2018年3月9日(金)
価格:税別2,000円
版形:B4サイズ(364mm × 257mm)、112 ページ予定
販売地域:全国取り扱い店および通信販売
CAMPFIRE:公式サイト

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング