Fashion Promotion

今津聡子が写真で表現した"アラスカ旅と自由"、シテラがポップアップストア出店

左)今津聡子、 右)永直樹
左)今津聡子、 右)永直樹
Image by: FASHIONSNAP

 永直樹がディレクションするアクティブトランスファーウエアブランド「シテラ(CITERA®)」が、アラスカをテーマにしたポップアップストア「CITERA® IN ALASKA」をオープンする。アラスカを一緒に旅した写真家 今津聡子の写真が展示された会場では、同ブランドの最新コレクションをショールーミング形式で披露。来場者には写真を収録したミニブックが無料配布される。期間は12月15日から17日の3日間。

 

 「CITERA® IN ALASKA」では、過去に開催したポップアップストアの会場よりも小さなスペースを敢えて選ぶことで、アラスカの"物悲しい"雰囲気を演出。アラスカの氷河や鹿などの自然や町並みを切り取った写真11点が展示された会場では、コレクション展示に加えアラスカの写真をプリントしたTシャツやバンダナといった即売アイテムがそろう。

 都市部の短距離移動から都市間の長距離移動に適したウエアを提案しているシテラだが、「都市を連想させるルックビジュアルではなく、別のイメージを伝えたかった」という永の思いからアラスカを実際に旅してビジュアルを作ることを決めたという。撮影はアンジェラ・レイノルズ(ANGERA REYNOLDS)を起用した2017-18年秋冬コレクションを撮り下ろした今津聡子が担当。今津は「アラスカに行った気になれるように、写真を大きく引き伸ばした」と臨場感を演出したという。

 アラスカについて今津は「写真を撮る人間なら誰しもが憧れる場所。自然、野生動物、悠久の時間の流れなどを見て体験することで、何かが"開く"場所だと思いました」と振り返る。ただ永からの指示がなかった自由な撮影環境に戸惑いがあったと言い、その意図について永は「作っている人間が楽しんでいないと、見ている人も楽しめないと考えたため」と説明。"旅と自由"を楽しむことで生まれるクリエーションが見どころの1つになっている。

■CITERA® IN ALASKA
会期:12月15日(金)~17日(日)12:00~19:00(最終日は18:00閉店)
場所:Galley ZOOMAN 東京都渋谷区神宮前3丁目21−18

CITERA®:公式サイト
CITERA®:公式アプリ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング