Fashion

写真家ブルース・ウェーバー、セクハラ被害告発を全面否定

ブルース・ウェーバーのインスタグラムより
ブルース・ウェーバーのインスタグラムより

 セクハラを受けたとして男性モデルから提訴されていることが昨年12月に判明したファッションフォトグラファーのブルース・ウェーバー(Bruce Weber)が、提訴内容を自身のインスタグラムで否定した。

 

 ニューヨーク・ポストによると、2014年12月に行われた撮影でウェーバーから服を脱ぎ性器を触るように強要されたとして、男性モデルのジェイソン・ボイス(Jason Boyce)が提訴。また、Mark Ricketsonも同様に過去のセクハラ被害を告白している。これを受け、米ファッション誌「ヴァニティ・フェア(Vanity Fair)」が12月に開催を予定していたウェーバーの新書籍出版記念パーティーを中止するなど波紋が広がっていた。

 ウェーバーは今回の騒動に関して、自身のインスタグラムで声明を発表。「私は写真を通して人間のスピリットを表現してきた。真実は勝つ」と提訴内容を強く否定している。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング