Fashion

振袖レンタル業者「はれのひ」が成人式当日に閉店し騒動に

Update:

【1月9日追加】今回の騒動の被害者は300人以上にのぼるとみられ、大手信用調査会社の東京商工リサーチの調べにより2016年9月期の時点で3億2000万円の債務超過があったことが明らかになった。

「はれのひ」公式YouTubeより
「はれのひ」公式YouTubeより

 振袖レンタル業者「はれのひ(harenohi)」が、成人式当日に連絡が取れなくなり、注文していた振袖が着用できなくなるといった被害が続出し、騒動になっている。

 

 各地で成人式が行われた8日朝、SNS上で「はれのひ」で注文した振袖が着付け会場に届かない、業者と連絡が取れない、店舗がもぬけの殻といった被害報告が相次ぎ、話題が広まった。ツイッターでは、「成人式の日に何もできなくなった」「一生に一度の成人の日を台無しにされた」といった怒りや途方に暮れる投稿がみられ、高額の前金の支払いなど被害が大きく詐欺などの疑いがあることから、警察が調べを進めている。騒動を知った呉服店や美容室では、救済措置として被害者の受け入れを行う店舗もあった。また、ネット上では被害者の会の発足といった動きもみられる。

 現在「はれのひ」の公式サイトは閲覧できない状態となっている。アクセスが殺到したことによるサーバ負荷が原因か、同社による意図的なものかは不明。横浜市中区の本社をはじめ、被害が続出したみなとみらい店と八王子店では電話が繋がらない状態となっているほか、つくば店は本日から休業している。支店の中で福岡天神店のみ8日に店を開け、店長らによって着付けやヘアメークの対応を行ったという。

 「はれのひ」は2008年に創業。篠崎洋一郎が代表取締役社長を務めている。売上高は2014年に2億8000万円、2015年に3億8000万円、2016年に4億8000万円。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング