カイハラ「茶綿デニム」「白綿デニム」のジーンズを製造、藤巻百貨店が独占販売

「茶綿デニム」と「白綿デニム」のジーンズ
「茶綿デニム」と「白綿デニム」のジーンズ
画像: caramo

 ECサイト「藤巻百貨店」がデニムメーカー「カイハラ」とコラボレーションし、「茶綿デニム」と「白綿デニム」ジーンズを1月12日の今日から独占販売を開始した。

 「茶綿デニム」のジーンズは、井浦新とともに茶綿の魅力を伝える「カイハラ茶綿デニムプロジェクト」から誕生。生地はかつて使われていた茶綿デニムをカイハラの独自技術により開発し、色合いを生かすためにあえて凹凸やムラ感を抑え、ベーシックかつプレーンに織り上げられた。生産は日本で唯一、世界最大手のジーンズメーカーの指定工場を持つデニムの縫製・加工メーカー SAAB(サーブ)に依頼。ワンポイントとしてバックにあしらわれた丸い革パッチは、カイハラ創業時の屋号である「マルス」をモチーフにしている。茶綿と同時に白綿ジーンズを展開し、シルエットは共に定番のストレートを採用。初回限定各200本を用意し、生産年次やロットナンバーが刻印される。価格は茶綿ジーンズが2万3,000円、白綿ジーンズが1万8,000円(いずれも税別)。

■藤巻百貨店:公式サイト