ケリングが「プーマ」の株式を大量売却、ラグジュアリー事業に専念

2018年01月12日 11:33 JST

 グローバルラグジュアリーグループのケリング(Kering)が、同社が保有する「プーマ(PUMA)」株式の持ち株比率を86.3%から16%に引き下げることが同社の取締役会で全会一致で決まった。株式の最終的な配布条件などは検討中で、4月26日の株主総会で株主による投票が行われる。

■関連記事
ケリングとアリババ、知的財産権保護および強制措置を共同実施へ