フィスカースと代理店契約終了、スキャンデックスが危惧する北欧ブランドの買収ラッシュ

2018年01月13日 16:30 JST

 松屋の子会社スキャンデックス社が、「イッタラ(iittala)」「アラビア(ARABIA)」などフィスカース社が展開する3ブランドの日本における代理店契約を終了した。いずれも多くのファンを抱える人気の北欧ブランドだが、契約終了に至った理由とは何だったのか。同社の転換期を支える伊東久美子執行役員によると、その背景には本国のものづくりにおける環境の変化が大きく影響したという。

■フィスカース社との契約終了
スキャンデックス、北欧食器「イッタラ」の商品供給契約を終了