サカイ2018年秋冬メンズショーにゴローズ、藤原ヒロシが協力

2018-19年秋冬コレクション
2018-19年秋冬コレクション
画像: sacai

 デザイナー阿部千登勢が手掛ける「サカイ(sacai)」がパリで発表した2018-19年秋冬メンズ・ウィメンズプレコレクションで、藤原ヒロシのプライベートなコレクションの協力のもと「ゴローズ(goros)」のジュエリーがスタイリングに取り入れられた。またショーでは、「アグ(UGG)」とコラボレーションしたシープスキンブーツも登場した。

 今シーズン、アメリカのニューヨーク・タイムズ紙が掲げた「Truth(真実)」という宣言を出発点として、真理や知覚、信頼性の概念を探求。米軍ミリタリーの実用性を持つノルディックニットや、フェアアイル柄とピンストライプ、クリケットセーターをミックスしたアランニットなど、ブランドが得意とするハイブリッドにより一見反対に思える発想をつなぎ合わせ、パーツの集合体以上のアイデアを生み出すことを試みた。また、コクーンのように身体を包み込む新しいプロポーションを形成し、着用者が毎日の気分に応じて何通りかの異なる着方ができるよう製作したアイテムを発表した。