ヒュンメル×ミタスニーカーズ、デンマーク発祥の菓子パンから着想を得たスニーカー発売

画像: hummel

 「ヒュンメル(hummel)」のハイエンドライン「ヒュンメル ハイブ(HUMMEL HIVE)」とスニーカーショップ「ミタスニーカーズ(mita sneakers)」が、デンマーク発祥の菓子パンデニッシュペストリーから着想を得たコラボレーションモデルを2月3日に発売する。国内ではミタスニーカーズ、JOINT WORKS新宿店 ms shop、ビームス原宿店の3店舗限定で取り扱う。

 同アイテムは、ヒュンメル ハイブとミタスニーカーズのコラボレーションモデル第2弾で、1983年に発売されたヒュンメルの代表的なランニングシューズ「マラソナ(MARATHONA)」をベースに製作された。アッパーにはダークチェリー、ミッドソールにカスタードのカラーリングを施し、スペシャルボックスにはデニッシュ生地のグラフィックをプリント。クッション性を向上させたカップインソールには、デニッシュペストリーを盛り付ける木皿をモチーフにしたグラフィックにミタスニーカーズのアイコンである「金網」と「東京改」を融合したデザインを採用した。価格は税別1万5,000円。