Fashion

江角泰俊手掛ける「エズミ(EZUMi)」 ブランド名変更後のロゴが初披露

新ロゴ
Image by: FASHIONSNAP/ EZUMi

 江角泰俊が手掛ける「エズミ(EZUMi)」が、「ヤストシ エズミ(YASUTOSHI EZUMI)」からブランド名を変更して初めてのシーズンとなる2018年秋冬コレクションの展示会を国内で行った。

 ブランド名の変更はグローバル展開を見据えての決定。画数を考えて「i」を小文字にしたという「EZUMi」のブランドロゴも初めて披露された。これまで建築家などテーマを掲げてきたが今シーズンはあえて設けず、コレクションタイトルを「Untitled」とし、アノニマスな雰囲気を表現。多数のメタルボタンにより雰囲気や表情が変化するミリタリー風のコートをはじめ、上質なフランス製レースを配置したキャミソールドレス、ニットなどをそろえる。ルックの一部は東京駅KITTE内にあるギャラリー「インターメディアテク」とのコラボレーションにより館内で撮影され、同館でのファッションシューティングは今回が初めてだという。江角は「以前から同ギャラリーに興味があった。今後も面白い取り組みができれば」と語っている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング