即完売の人気コラボ「Gap×Diaspora skateboards」第3弾はリミックスがテーマ

画像: Gap×Diaspora skateboards

 「ギャップ(Gap)」が、東京のスケートウエアレーベル「ディアスポラ スケートボーズ(Diaspora skateboards)」とコラボレーションした限定コレクション第3弾を3月3日に発売する。ギャップ フラッグシップ原宿で販売される。

 同コラボレーションは昨年の春とに展開され、いずれも発売直後に完売し話題を集めた。3シーズン目となる今回は、ギャップがロゴをテーマにしたカプセルコレクション「ロゴ・リミックス・コレクション(Logo Remix Collection)」にあわせて、「リミックス」をキーワードにデザイン。アーチロゴをモチーフにしたプリントTシャツや、オーバーサイズのラインクルーネック、スタンダードなジョガーパンツなどに、両者のロゴを組み込んだ。ディアスポラ スケートボーズの代表的デザイン「マジック・サークル(Magic Circle)」を採用したワークシャツには「DSP BLUE BOX LOGO」のピンズが付属する。

 ルックブックのモデルには、MCやDJ、トラックメーカーとして活躍するキッド・フレシノ(KID FRESINO)を起用した。