Fashion

サルバムやコウザブロウなど展開、4ブランドと1人のディレクターにフィーチャーしたショップが神戸に

Image by: sal

 神戸のセレクトショップ「MUKTA」の新店舗「サル(sal)」が、中央区加納町に3月17日の今日オープンした。

— ADの後に記事が続きます —

 サルは、藤田哲平が手掛ける「サルバム(sulvam)」、赤坂公三郎による「コウザブロウ(KOZABURO)」、DETTO Kの「ディーティーティーケー(D.TT.K)」、江崎賢による「エド ロバート ジャドソン(ED ROBERT JUDSON)」の4ブランドと、1729agencyのディレクター戸村直広がセレクトしたアートフォトブックだけを扱うショップ。店内は、各ブランドの世界観と向き合うことができる空間に仕上げたという。

 オーナーの宮崎雅也は「一緒に成長していきたいと思える5人だけにフィーチャーしたショップを作りたかった」と語っており、今後ブランドを増やす予定もないという。17日、18日には、藤田哲平、赤坂公三郎、江崎賢、戸村直広を東京とニューヨークから招き、オープニングレセプションを開催する。

■sal
住所:兵庫県神戸市中央区加納町2-4-10
営業時間:13:00 - 21:00

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング