Image by: Reebok CLASSIC

Fashion

90年代ファッション×ボリュームソール、リーボック クラシック新モデルからモノトーン登場

Image by Reebok CLASSIC
Image by: Reebok CLASSIC

 「リーボック クラシック(Reebok CLASSIC) 」が3月30日、今年登場した新モデル「ディーエムエックス フュージョン(DMX FUSION)」からモノトーンカラーモデルを発売する。ユニセックスで、価格は1万5,000円。リーボック オンラインショップやリーボック クラシックストアなどで取り扱う。

 「DMX FUSION」は、リーボック独自のクッショニングテクノロジー「DMX Moving Air Technology」を搭載し90年代のハイテクスニーカーブームを牽引した「DMX RUN 10」のDNAを引き継ぎながら、デザインをより現代的なフォルムにアップデートした新モデル。発売時は当時の「DMX RUN 10」と同じカラーリングで展開したが、今回新たにホワイトとブラックのモノトーンカラーが登場する。シューレースとヒール部分には当時も使用されていたポップカラー「ネオンチェリー」をアクセントとして取り入れた。

 そのほか、4月1日からはトーナルなアッパーにオフホワイトのミッドソールと半透明のアウトソールを組み合わせた「DMX FUSION CI」(1万5,000円)や、トーナルなアッパーにペールトーン調のアイスソールを備えた「DMX FUSION PI」(1万5,000円)、アッパーからソールまでワントーンのカラーリングの「DMX FUSION TS」(1万1,000円/いずれも税別)を販売する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング