ストレートに発信するメディア

ベトナムで人気の「エッグコーヒー」が日本初上陸

ベトナムで人気の「エッグコーヒー」が日本初上陸の画像

ベトナム北部・ハノイで人気の「エッグコーヒー」を生んだ発祥のカフェが、2号店として日本に初上陸する。本場の味を楽しめるコーヒーで、ベトナム旅行をしている気分を味わっちゃおう!

180413-5-20180413_003.jpg

4月23日(月)に横浜にオープンする「CAFE GIANG (カフェ ジャン)」の看板メニュー「エッグコーヒー」HOT:480円(税込)/ICE:520円(税込)は、牛乳が入手しにくかった1946年に、泡立てた鶏卵の黄身を使ったことにより誕生したもの。

180413-5-20180413_002.jpg

卵とコンデンスミルクをカスタードクリームのように泡立てたものをコーヒー上にのせた、苦味と甘味のバランスの取れた一杯で、その味わいは、カスタードクリームやティラミスのような感覚だという。

コーヒーの豆は、現地で厳選された豆を絶妙なバランスでブレンドした完全オリジナルで、ベトナムのダラット地区で育った完全無農薬栽培の高品質豆が使われている。

ベトナムで70年以上のれん分けを断り続けてきた「CAFE GIANG」。そんなベトナム本店の味そのままに味わえる「エッグコーヒー」で、ベトナムのカフェ文化を味わってみてはいかが?

■「CAFE GIANG」
住所:神奈川県横浜市中区山下町78-3