ヴィジュアル
Image by: GIDDY UP

Fashion

ミキオサカベ×DMM.comのブランド「GIDDY UP」がデビュー、3Dプリントのシューズなど展開

ヴィジュアル
Image by: GIDDY UP

 「ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)」を手掛ける坂部三樹郎とDMM.comの協業によるファッションブランド「GIDDY UP」がデビューする。2019年春夏のパリコレクション期間中にファーストコレクションを発表する。

 ブランド名の「GIDDY UP」は、馬を走らせたりスピードアップさせる時に使う英語の慣用句。「ファッションのあり方を加速させた未来のモデルケースを探る」ため立ち上げられた。坂部がディレクションを手掛け、通常の服に加え、DMM.makeの3Dプリンター技術を使ったシューズや小物を開発し、実用化が難しいとも言われるファッションテックのアイテムを発表していく。

 デザインをクラウド化して様々なデザイナーが関わることのできる新しいブランドとして、坂部は「クラウドブランディング」という形を目指すという。また、「今は、作ったアイテムをアパレル流通システムに乗せるだけではビジネスとしての差別化が難しく、才能があっても埋もれてしまいやすい時代です。そんな中、ファッションテックを活用することで、ファッションビジネスを次の時代へ進められると確信しています」とコメントしている。

 今回発表されたヴィジュアルは、「フェンディ(FENDI)」や「ディオール(Dior)」などの撮影も行ってきたフォトグラファーのダニエル・サンウォールド(Daniel Sannwald)が手掛けた。

■GIDDY UP:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング