ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

母親の意識調査、子どもが1歳未満で旅行した人は55%

母親の意識調査、子どもが1歳未満で旅行した人は55%の画像

雪印メグミルクグループの雪印ビーンスタークの調査によると、半数以上の人が、赤ちゃんが1歳未満の時に旅行していることがわかった。「生後何カ月ごろから一緒に旅行に行ったか」では、離乳食が始まる「6~7カ月」が17%と多かった。1歳未満で旅行した人は55%。1歳を過ぎても行っていない人は31%。

赤ちゃんとの旅行で困ったことでは、授乳、離乳食が必要なため、「食事」が43%と最も多かった。味付けなどで「大人の食事が取り分けられなかった」(33%)、「すぐに食べられるものがない」(29%)などが目立った。「水が心配」という回答も19%あった。

その他の困った点は「移動」(30%)、「お風呂」(16%)の順。「授乳の場所がなかった」「粉ミルクのお湯がなかった」「哺乳瓶を洗う洗剤などを用意していなかった」という声もあった。

■1歳から1歳6カ月の子供を持つママの意識調査 対象は20~49歳のママ800人。