Image by: ©LOUIS VUITTON

Fashion

ルイ・ヴィトンがロシアW杯のトロフィーケース制作、サッカーボールのような限定バッグ発売も

Image by: ©LOUIS VUITTON

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が、ロシアで開催される2018 FIFAワールドカップの優勝トロフィー専用トラベルケースを制作した。ルイ・ヴィトンがトロフィーケースを制作するのは、2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会に続く3度目となる。

 

 ケースはパリ郊外のアニエールにあるアトリエで職人が制作。過去2大会のケースで使用されたモノグラムのキャンバスに対し、今大会ではチタニウムを採用した。6月14日のトーナメント開幕戦と7月15日の決勝戦で披露される。

 合わせて、FIFAと「アディダス(adidas)」と共に「FIFA WORLD CUP™️ OFFICIAL MATCH BALL COLLECTION TRUNK」を製作。ブランドの伝統的なワードローブトランクを元にデザインされたトランクの中には、1970年以降のワールドカップで使用された13個の公式試合球に加えて、今回のために新たにルイ・ヴィトンがデザインしたサッカーボールが収められている。

 また、サッカーボールのようなデザインの「LOUIS VUITTON 2018 FIFA WORLD CUP™️ OFFICIAL LICENSED PRODUCT COLLECTION」からは、「キーポル・バンドリエール」(47万5,000円)と「アポロ・バックパック」(38万4,000円/いずれも税別)の2種類のバッグと革小物を展開。いずれもエピ・レザーにエンボス加工を施し、「LV」のイニシャルをチームバッジのように配している。ワールドカップが開幕する6月14日に国内一部店舗と公式サイトで発売される。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング