senken plus

ルック「キース」がV&A博物館と協業

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

ルックの婦人服「キース」の18年秋冬物は、羊毛産業が盛んな英国の街ノリッチと湖水地方をイメージした色柄やアイテムを提案する。9月にはV&A博物館と協業した柄のアイテム、10月には英国らしさをモダンに表現した新ライン「エスタブリッシュコレクション」を発売するなど、英国らしさを色濃く表した。

【関連記事】ルック「ベンシモン」 仏テニス選手とスニーカー

ノリッチから着想したコレクションのテーマは「シティ・オブ・スカーブス」。ノリッチで〝ティアドロップ〟と呼んでいたというペーズリーを象徴的に使った。初めてのV&A博物館との協業では、ノリッチで作られた織物の柄をジャカードやプリントなどで再現した素材を作り、シャツ、ドレス、スカートなどに取り入れた。

湖水地方をイメージした「ワーズワースカントリー」のコレクションは、ハニーゴールドやグリーンなどソフトな中間色を使ったカントリースタイルを中心に、ファスナー使いやライン入り、キュロットスカートなどスポーツの要素も取り入れていく。

新たに加えるエスタブリッシュコレクションは、ツイードのジャケットやスカート、フェアアイルのセーターやベスト、ブランドの独自チェックのコートやスカート、タータンチェックのストールやマフラーなど、英国を象徴する素材や柄のアイテムを揃える。

通勤需要に対応するライン「エッセンシャル」からは7月、夏のきちんとしたジャケットとボトムのセットアップスタイルを企画。キースの顧客に多い学校の先生などの、夏のセットアップニーズに対応する。

ki-20180509_002.jpg

V&A博物館と協業した柄のスカート

ki-20180509_001.jpg

英国の街ノリッチや湖水地方をテーマにした秋冬のスタイリング

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング