「FUJITAKA TOWEL GINZA」店内イメージ
Image by: 藤高

Fashion

創業100年のタオルメーカー藤高、銀座初の直営店をオープン

「FUJITAKA TOWEL GINZA」店内イメージ
「FUJITAKA TOWEL GINZA」店内イメージ
Image by: 藤高

 来年創業100周年を迎えるタオルメーカー フジタカ(藤高)が6月20日、銀座初の直営店「FUJITAKA TOWEL GINZA」をオープンする。

 

 1919年創業のフジタカは、愛媛県今治市で最初にタオルケットを生産したタオルメーカー。ギンザシックスから徒歩1分の距離に位置する同店は広さ約30平方メートルで、コンセプトは「究める」。日常的に使えるベーシックなタオル「ハウスタオル 」(800円〜4,500円)や、世界初のフルカラージャカードタオル「五彩織り」(8,000円)、独自のノウハウで究極の黒を目指したタオル「BK100」(1,800円〜8,000円)などをラインナップする。商品は同店オリジナルパッケージで提供される。

 店舗の設計は建築家の中村好文が手掛け、銀鼠色に変色した古い板材を使用して100年の歴史とタオルの質感を表現。アートディレクターの柿木原政広が監修した店舗のロゴには、同社が大正15年に使用していた商標「世界鶴」を再構築してパターン化した新しい柄を採用した。

■FUJITAKA TOWEL GINZA
住所:東京都中央区銀座7-12-1 藤高ビル1階
営業時間:11:00~20:00
休:夏季・年末年始
電話番号:03-6226-6050
公式サイト(6月開設予定)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング