Culture

森ビル×チームラボの"ボーダーレス"な巨大常設施設が公開、作品同士がコミュニケーションする試みも

Image by: FASHIONSNAP.COM

 森ビルとチームラボが、6月21日にお台場パレットタウン内にオープンする新施設「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」の内部を公開した。チームラボにとって都内では初の常設施設となり、約1万平米の空間に世界初公開作品を含む約50作品をラインナップ。「Borderless」をコンセプトにチームラボの世界に迷い込むような展示空間を5つの世界に分けて展開し、ボルダリングやクライミングなど鑑賞者が身体を使って探索できるアトラクションも用意された。

 
花の森、埋もれ失いそして生まれる
Wander through the Crystal World

 入り口には、鑑賞者が歩いたり作品に触ったりすると花が散り、静止するとまた花が咲く「花の森、埋もれ失いそして生まれる」や、新作「人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる」を展示する「Borderless World」を展開。各アートが自ら動き出すという他にはない仕組みを取り入れ、他の作品とコミュニケーションする様子も見ることができる空間に仕上がっている。

マルチジャンピング宇宙
光の森の3Dボルダリング

 鑑賞者が身体を使って作品を楽しめる「チームラボアスレチックス 運動の森」では、「マルチジャンピング宇宙」や「色取る鳥の群れの中のエアリアルクライミング」「光の森の3Dボルダリング」「グラフィティネイチャー 山山と深い谷」など、大人から子どもまで楽しめる作品が揃う。このほかの展示空間は、「お絵かき水族館」といった子どもに人気の作品が並ぶ「学ぶ!未来の遊園地」、ランプが鑑賞者の動きに合わせて輝いたり音色を響かせる「ランプの森」、オーダーした茶に花々が生まれ咲いていく様子が楽しめるティーハウス「EN TEA HOUSE」から構成される。

呼応するランプの森 - ワンストローク
(左から)森ビル同施設企画運営室 杉山央室長、チームラボ猪子寿之代表(作品は「人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる」)

 森ビルとチームラボは同施設の開業準備に3年の年月を費やし、作品展示のために500台以上のパソコンとプロジェクターを投入。チームラボは海外に施設を多数展開しているが、作品同士がコミュニケーションするというコンセプトはこれまでにないという。東京オリンピックが開催される2020年に向けて多くの外国人観光客が東京に集まることを踏まえ、森ビルは同施設を東京の文化発信のデスティネーションと位置付け、都市の磁力を高めていきたい考え。チームラボの猪子寿之代表は「目的をもって順路通りに見るというよりは、探索し発見する体験をしてほしい」と呼びかけている。

■MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless
開業日:2018年6月21日(木)
所在地:東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
延床面積:約1万平方メートル
営業時間:月〜木 11:00〜19:00(※祝前日を除く)、金・祝前日 11:00〜21:00、土 10:00〜21:00、日・祝日 10:00〜19:00
※最終入館は閉館の1時間前
※営業時間は時期によって異なる
料金:一般/高・大学生 3,200円、子ども(4 歳〜中学生) 1,000 円
※料金は税込。

公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング