Image by: 東急電鉄

Business

東急が歌舞伎町に複合エンターテインメント施設建設、2022年竣工

Image by 東急電鉄
Image by: 東急電鉄

 東京急行電鉄および東急レクリエーションが、「歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」の概要を発表した。同計画は6月14日に国家戦略特区の認定を受け、6月21日に告示された。

 同計画では新宿 TOKYU MILANO跡地を中心とした約4,600平米の歌舞伎町エリアの敷地に、地上40階、地下5階の高層複合施設が建設される。劇場やライブホール、映画館などの複合エンターテインメント施設のほか、海外からの観光客向けホテルや地域の社交場としてのレストランなどを整備。都市観光インフラとして、空港連絡バスルートの形成によるアクセス向上や、西武新宿駅前通りおよび計画地周辺道路のリニューアル整備により街の回遊性も高める。

 また、隣接するシネシティ広場と連動し、街のにぎわいの中心となる「屋外劇場的都市空間」を形成する。公共空間と一体でマネジメントを行うことで、歌舞伎町全体へのにぎわいの波及を目指す。高層施設は2019年7月に着工し、2022年度に竣工する計画だ。

 現在、計画地は工事着工まで暫定的にバンダイナムコエンターテインメントによる体験施設「VR ZONE Shinjuku」として活用されている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング