ナタリア・ヴォディアノヴァとフィリップ・ラーム
ナタリア・ヴォディアノヴァとフィリップ・ラーム
Image by: LOUIS VUITTON

Fashion

ルイ・ヴィトンがロシアW杯トロフィーケース制作、決勝戦で披露

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」により制作された2018 FIFA ワールドカップ™ロシアの優勝トロフィー専用トラベルケースが、7月15日の決勝戦で披露された。

ナタリア・ヴォディアノヴァとフィリップ・ラーム Image by LOUIS VUITTON
ナタリア・ヴォディアノヴァとフィリップ・ラーム
Image by: LOUIS VUITTON
— ADの後に記事が続きます —

 決勝戦ではキックオフ直前に、ロシア出身のモデルで福祉活動家・慈善家として活動しているナタリア・ヴォディアノヴァ(Natalia Vodianova)と元サッカー選手のフィリップ・ラーム(Philipp Lahm)が、トラベルケースに収められたオリジナルトロフィーとともに登場。ルイ・ヴィトンは、パリ近郊アニエールの由緒ある工房で、職人の手作業でトラベルケースを製作した。トロフィーは高さ36cm、重さ6.175kgの18カラット純金製で、準宝石マラカイトの台座が付いている。軽量でありながら耐摩耗性が高く、レーザーでモノグラムモチーフを施した「モノグラム・チタニウム」で覆われている。トランクの8つのコーナーには天然鞣し革を使用。ロックと6つの留め金には、開催国であるロシアにちなんで名付けられたダークグレーカラーの金属 ルテニウムを採用している。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング